診療案内(下部内視鏡検査)

大腸がんは早期発見により
90%以上の方が治ります。

現在、大腸がんは男女とも亡くなる方も多い病気ですが、病気のはじまりは、内視鏡で取り切れる小さな病変です。がん検診の定期チェックや、便秘や排便時の出血など、気になる変化があった場合に精査を行うことが大切です。

このような症状がある方は
下部内視鏡検査(大腸カメラ)をお勧め致します。

便に鮮血がある
便が細くなった
便が黒っぽい
過去に大腸ポリープの指摘を受けている

下部内視鏡検査(大腸カメラ)でわかること・できること

大腸(直腸から盲腸)と小腸末端について、もっとも高い精度で観察できる検査です。病気を診断するための生検や、検査中に発見されたポリープや早期大腸がんの治療を行うことができます。 また、日帰り検査であってもその場でのポリープ切除が可能です。 ※当院で切除できるポリープには大きさなどの制限がございます。

正常な大腸

大腸がんになっている人の大腸

下部内視鏡検査(大腸カメラ)でわかる病気

大腸がん
大腸ポリープ
潰瘍性大腸炎
クローン病

検査の流れ

1.受診

まず受診をしてください。その際、大腸カメラ検査を検討している旨お伝えください。 ※電話予約は行っておりません。内服薬によっては検査をお断りする場合があります。

2.検査前日までに

一度事前に受診、検査前の血液検査ほか、内服されている薬(バファリンやアスピリンなど血液をサラサラにする薬)や既往症などの確認、検査のご説明をさせていただきます。

3.検査前日

食事制限があります。詳しくは事前予約時に説明いたします。

4.検査当日

検査当日は朝食をとらないでください。指示通りに下剤を服用してください。

5.大腸カメラ(下部内視鏡)の手順

安全に検査をするために、針を腕の血管に入れ、腸の緊張をとるための鎮けい剤を使用します。 必要に応じて少量の鎮痛剤・鎮静剤を用いることもあります。

  • 1.軽い鎮痛と鎮静作用のある薬を点滴で投与し、検査をおこないます。検査時間は異常がなければ約20分前後、細胞をとったりすると30分前後かかることもあります。
  • 2.NBIシステムで病変を細かく診断していきます。 ポリープ、早期がんが発見された場合、NBIにて詳しく観察致します。当院では5mm以下のポリープのみ切除可能です(切除が難しい場合は切除可能な施設に紹介させて頂きます)。
  • 3.検査後約30分、回復室で休んでいただきます。

6.検査結果の説明

検査終了後、診察室で撮影した画像をモニターで確認しながら検査結果の説明を受けます。

日帰り内視鏡的ポリープ切除

日帰り大腸ポリープ切除は患者様の時間的、経済的負担が少ない治療法です。内視鏡専門医が、安全性の高い正確な治療を行います。

内視鏡的ポリペクトミー
(コールドポリペクトミー)

内視鏡的粘膜切除術(EMR)

検査費用

大腸内視鏡検査 1割負担 2割負担 3割負担
大腸内視鏡(観察のみ) 約2,500円 約5,000円 約7,500円
大腸ポリープ切除 約7,000~
9,000円
約14,000~
18,000円
約21,000~
27,000円

よくある質問

Q

大腸カメラ検査ってどんな検査?

A

肛門から直径10~12mmの内視鏡(ファイバースコープ)を挿入し、直腸から盲腸にいたる大腸の内部を観察します。ポリープや大腸炎、大腸がんなどの発見に役立ちます。検査前には、下剤や水を飲んで大腸内を空っぽにしきれいにしておきます。

Q

大腸内視鏡検査で、どんな病気が発見できるの?

A

大腸がん、大腸ポリープ、かいよう性大腸炎、結腸憩室症などです。

Q

大腸カメラ検査は痛くて苦しいものなの?

A

大腸が過度に伸びてしまうのが大腸内視鏡挿入時の痛みの原因です。当院では大腸を伸ばさずに挿入する「軸保持短縮法」を習得した内視鏡専門医が検査を行っており、苦痛の少ない検査を行っています。また、検査後にお腹の張りにくい炭酸ガスを使用して腸にやさしい楽な検査を心がけています。以前検査をしてつらかった、苦しかった方は一度当院までご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました