診察・検査の流れ

初診の方へ

初診の方は保険証・各種医療証・受給者証を必ずお持ち下さい。
また、お薬手帳や検査記録をお持ちいただければ診療の参考にさせて頂きます。
他院からの紹介状をお持ちの方は必ずご提示ください。
お帰りの際に診察券を新しく発行しお渡しいたしますので次回よりお持ちください。
初診の方でもご予約が可能です。
また、問診票を事前にご記入の上お持ちいただくと、当日の受付・診察までがスムーズです。

再診の方へ

当月初めてご来院の方、保険証が変わった方はご申告ください。保険証を確認させて頂きます。
ウェブ予約が可能ですのでご利用ください。

内視鏡検査をご希望の方へ

内視鏡検査(上部・下部)をご希望の方は、まず医師による診察を受けて頂きます。
受診した際に検査方法や日程をご相談の上決定させて頂きます。
まずは診察のご予約をお取りください。

横浜市特定健診

目的

内臓脂肪の蓄積に起因する高血圧症、脂質異常症、糖尿病等の生活習慣病を早期にみつける

対象者

「横浜市国民健康保険」に加入しており、実施年度内に40歳以上74歳の誕生日を迎える人

持ち物

国民健康保険証
横浜市から送られる受診券、問診票

基本検査

問診診察
生活習慣病の治療状況や生活習慣を知る問診
身体診察
服薬及び喫煙歴、食事、運動、睡眠等生活習慣 自覚症状や他覚症状を診る
身体測定
身長、体重、腹囲、BMI
高血圧検査
血圧測定
脂質異常検査
中性脂肪、HDL-cho、LDL-cho
糖尿病検査
空腹時血糖、ヘモグロビンA1c、尿糖
腎臓機能検査
尿蛋白、※尿潜血、※クレアチニン、※尿酸

その他医師の判断により必要とされた場合受ける検査

貧血検査
赤血球、血色素量、ヘマトクリット
心臓の機能検査
心電図

※印の検査は、国が定めた特定健康診査の基本的な項目以外の検査で、横浜市国民健康保険において、糖尿病及び腎不全にかかる医療費の伸びが顕著なことから、疾病の進行状態の把握や、食生活習慣と深い関わりのある痛風関節炎等を早期に発見し、重症化防止に役立てるため、追加項目として実施するものです。

費用

自己負担は無料です。

横浜市がん検診

概要

死亡原因の第1位であるがんの早期発見と適切な治療方針を提示いたします。

対象

職場の健診など他に受診機会がなく、下記の年齢要件を満たす方(横浜市民に限ります)

内容

大腸がん検診、前立腺がん検診

費用

費用負担がございます。下図をご参照下さい

※費用免除となる方
・令和3年4月1日時点で70歳以上の人(昭和26年4月1日以前にお生まれの方) →年齢確認できるもの(健康保険証など)を検診時にご提示ください。
・後期高齢者医療制度が適用される人 →「後期高齢者医療被保険者証」を検診時にご提示ください。
・生活保護世帯の人 →「休日・夜間等診療依頼証」を検診時にご提示ください。
・中国残留邦人等支援給付制度が適用される人 →「本人確認証」を検診時にご提示ください。
・令和元年度市民税県民税が非課税世帯または均等割のみ課税世帯の人(世帯員全員の平成30年中の収入に基づきます。) →検診前に手続きが必要です。お住まいの区の区役所福祉保健課健康づくり係にお問い合わせください。
※令和2年度大腸がん検診は自己負担額無料のため、減免確認書の申請は必要ありません。

                               
検診の種類 受診回数 対象者 費用(円) 検査項目
大腸がん 1年度に1回 40歳以上(男女) 無料 問診、便潜血検査
前立腺がん 1年度に1回 50歳以上(男性) お問合せ下さい 問診、血液検査

診察の流れ

1.予約

予約なしでも受付いたしますが、待ち時間緩和のため、インターネット予約システムをご利用いただくことをお勧めしています。

2.受付

受付に診察券を提出し、問診表を記入ください。順番にお呼び致します。 ※ご予約頂いていても疾病内容によって順番が前後する場合がございます。あらかじめご了承ください。

お持ち頂くもの

  • 保険証
  • 医療受給券(お持ちの方) ※受給券は神奈川県内の方であればご利用頂けます。
  • 診察券

3.診察

呼ばれましたら診察室(処置室・手術室)へお入りください。

4.お会計(領収書・処方箋のお渡し)

現金・各種クレジットカード(VISA、MASTER、JCB、アメックス、ダイナーズ)・交通系電子マネー・iDがご利用頂けます。 接触を少なく、またスムーズなお会計にするため、お支払いはセルフレジにて行っていただきます。 お薬は院外処方となりますので調剤薬局へ処方せんをお持ちください。
※クリニック最寄りの調剤薬局についてはスタッフに問い合わせ下さい。

タイトルとURLをコピーしました